ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > 旅行記事一覧 > 2018平昌冬季オリンピックの日程やアクセス解説!ソウルから平昌に行こう


2018平昌冬季オリンピックの日程やアクセス解説!ソウルから平昌に行こう

韓国で2018年2月9日、冬季オリンピックが開幕。開催される場所は、首都ソウルから東に200kmほど離れた、平昌(ピョンチャン)と江陵(カンヌン)。2017年12月22日には、ソウル駅から平昌や江陵へ高速鉄道KTXが開通し、片道2時間以内で移動が出来るので、ソウルからの日帰りが可能。オリンピックの雰囲気を生で体感し、選手達を応援しませんか?日程やチケット、アクセス方法などを解説します。


2018平昌冬季オリンピックの日程は?

2018平昌冬季オリンピックの日程は?

 

2018平昌冬季オリンピックは、韓国江原道(カンウォンド)平昌で開催される、第23回冬季オリンピック。15競技102種目と、冬季オリンピックとしては過去最多の種目数が競われる「スポーツの祭典」です。

2018平昌冬季オリンピックの日程は、2018年2月9日(金)から2月25日(日)の17日間。(スキージャンプとカーリングのみ、開会式前日の2月8日から)

開催場所は、開会式・閉会式及びスキー・ソリ競技が開催される山岳地区の「平昌」と、スケート競技が開催される海岸地区の「江陵」。

2018平昌冬季オリンピック会場へのアクセスとチケット入手法

2018平昌冬季オリンピック会場へのアクセスとチケット入手法 
 

仁川空港から、ソウルや平昌を経由し江陵までの距離は、273km。
2018平昌冬季オリンピック観戦に行くには、ソウルから「高速鉄道KTX」と「高速バス」の2つのアクセス方法があります。

2017年12月22日には高速鉄道KTX京江線が開通し、最高時速250km/hという新幹線並みの速度で、仁川空港からソウル駅を経由して終点の江陵(カンヌン)駅を結びます。

ソウル駅から開会式・閉会式会場に近い平昌の珍富(チンブ)駅までは1時間31分、スケートセンターのある江陵駅までは1時間54分で移動可能。ソウルから平昌への高速バスの所要時間は3時間ですので、約1時間30分の時間短縮。

高速鉄道KTX京江線は、オリンピック会場への主要アクセスとして、オリンピック期間中は、1日片道51本を運行。KTXの珍富駅や江陵駅からは、無料の観客シャトルバスにてオリンピック会場まで移動することが出来ます。

2018平昌冬季オリンピック会場へのアクセスとチケット入手法

 

高速鉄道KTXのチケットは、5日間・7日間の外国人専用周遊乗り放題きっぷ「平昌コレールパス」(1/31まで発売・座席指定可)の他に、乗車の2ヶ月前から座席指定が出来る「乗車券」が韓国鉄道公社サイトから購入可。座席指定券が売り切れの場合には、自由席/立席券が購入出来ます。

オリンピック観戦チケット代金は、競技や座席によって20,000ウォン(約2,000円)から150,000ウォン(約150,000円)まで。2017年12月21日時点で、チケットは61%の売れ行き。

チケットは、個人で日本からでも購入することが出来ます。オフィシャルサイトの「チケット購入(英語)」から、登録後VISAカードにて購入可能。購入後、モバイルまたは印刷したチケットを持参。

2018平昌冬季オリンピック会場での注意点

2018平昌冬季オリンピック会場での注意点 
 

2018平昌冬季オリンピックの観戦には、寒さ対策をお忘れなく。

特に、開会式・閉会式で使用されるオリンピックプラザには屋根がなく、オリンピック期間中の平昌の平均気温はマイナス5度ほど。開会式・閉会式会場では、毛布・座布団・使い捨てカイロが配布されますが、野外会場に加え20:00からという夜の観覧であるため、スキーウエア並みの防寒はしていきましょう。

尚、開会式・閉会式は20:00~22:00ですが、プレショーが19:00からオープンします。

2018平昌冬季オリンピックでお土産を買うなら

2018平昌冬季オリンピックでお土産を買うなら

 

2018平昌冬季オリンピックの大会マスコットは、白虎のスホラン。(パラリンピックのマスコットは、ツキノワグマのバンダビ)。

大会マスコットのオリジナルグッズが購入出来る、平昌オリンピックプラザと江陵オリンピックパークのスーパーストアでは、現金またはVISAカードでのみ買い物が出来ます。

2018平昌冬季オリンピックに行くのにお薦めのホテルは?

2018平昌冬季オリンピックに行くのにお薦めのホテルは?

 

オリンピック会場のある平昌や江陵は小さな町のため、宿泊施設が少なく、また高級ホテルはほとんどありません。

高速鉄道KTX京江線の開通により、ソウルからのアクセスが便利になったことから、宿泊先はいろいろなタイプの宿泊先が選べるソウルがベスト。競技開始時間が早かったり、終了時間が22時となっている開会式・閉会式を観覧することを考えると、ソウル駅や乗換駅の清涼里駅近くのホテルに宿泊するのがお薦めです。

おすすめしたいホテルのひとつは、ソウル駅直結の「フォーポインツ バイ シェラトン ソウル ナムサン(南山)」。高速鉄道KTXソウル駅へは地下道で移動可能なので便利です。

ひと足先にオリンピックを体験しよう

日本から一番近い国 韓国で開催される「2018平昌冬季オリンピック(ピョンチャン五輪)」。高速鉄道KTX京江線の開通で、ソウルから会場へのアクセスが確保されたことで、日本からソウルへの個人旅行やツアーとオリンピック観戦を組み合わせることが出来るようになりました。

オリンピックという世界最大のスポーツイベントに興味のある方や、日本でのオリンピックを待ちわびる方も、実際に行ってオリンピックをその目で体感しませんか?

 



「2018平昌冬季オリンピックの日程やアクセス解説!ソウルから平昌に行こう」オリジナル記事ページへ

>> みーちゃん猫日記の記事一覧へ

みーちゃん猫日記

みーちゃん猫日記

みーちゃん猫日記の記事一覧へ

国内・海外の観光情報ガイド「Travel.jp たびねす」の旅行ナビゲーターとして、私目線の旅の魅力をお伝えしています♪他サイトでも、旅行記事を掲載中!
おいしい物大好き、楽しいこと大好きな、みーちゃん猫です!各地のおすすめスポットの情報も書いているので、おでかけの参考になればうれしいです♪

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事