ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > パパママ記事一覧 > 「カフェ・ソサエティ」観ました


「カフェ・ソサエティ」観ました

カフェ・ソサエティ
カフェ・ソサエティ


あらすじ


1930年代、黄金期のハリウッド。業界の大物エージェントとして活躍するフィル・スターン(スティーヴ・カレル)。
ある日、ニューヨークの姉から電話があり、息子のボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)がハリウッドで働きたいというので
面倒を見て欲しいと頼まれる。
やがてボビーが現われると、秘書のヴェロニカ(通称ヴォニー・クリステン・スチュワート)に街を案内させる。
美しいヴォニーにすっかり心奪われるボビーだったが、彼女にはワケありの恋人がいた。
その後ニューヨークへと戻ったボビーは、ギャングの兄が経営するナイトクラブの支配人となり頭角を現わしていく。
そんなある日、奇しくもヴォニーと同じヴェロニカ(ブレイク・ライヴリー)という名の美女と出会い、
たちまち恋に落ちるボビーだったが…。

カフェ・ソサエティ

今何かとお騒がせのウディ・アレン監督作品。相変わらずついていけない話の内容です。





続きはこちら






にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ








「「カフェ・ソサエティ」観ました」オリジナル記事ページへ

>> 夢のかたまりの記事一覧へ

夢のかたまり

夢のかたまり

夢のかたまりの記事一覧へ

国内・海外旅行が大好きです。行った先々で、一眼レフカメラで写真を撮っています。映画鑑賞も趣味で、年間100本以上を映画館で観ています。
旅行記、映画レビュー、コスメレビューなどを書いています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事