ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > 旅行記事一覧 > Huber.の英会話レッスンに参加してみた


Huber.の英会話レッスンに参加してみた

c0060143_09193665.jpg

「Huber.ガイド向けアンバサダー英会話」という、英語レッスンのイベントに参加。Huber.というのは、日本に来た海外からの観光客と、日本にいる地元を紹介したいガイドをマッチングするサイト。失礼ながら、このイベントに参加するまでHuberのことをフーバーと呼んでたけど、ハバーが正解らしい。ハブをもじった造語。
c0060143_09193892.jpg
英会話レッスンも面白かったけど、イベント終了後にHuber.の社員さんに直接話を伺うことができたのが良かった。いまいち、サービスの全体像が見えず、登録はしたものの途中で止まっていたから。


そもそもが、日本で外国人向けにガイドをしてお金をとるには、通訳案内士の資格が必要だったのですが、最近法律が少し緩くなって、資格無しでもガイドができるようになったんですよね。Huber.のシステムとして、一般参加のガイドの補助としてHuber.から通訳案内士の資格を持ってる人をサポートとしてつけてくれる、みたいな感じかなと思ってたんですが、どうもそうでは無いらしい。メインの人が、自分でサポーターを見つけなければならないらしい。ガイド料は3時間で7500円がスタンダードですが、そこからサポートの人への支払いや、システム使用料などを引くと、たいした金額は残らない。しかも、来日する観光客にヒアリングやリサーチ、旅程の提案をしなければならないのだけど、せっかく提案しても選ばれなかったらその作業には報酬は発生しない。つまり、旅行者の希望に沿って詳細な旅の行程を綿密に作成して送ったら、そこで用済みになってしまう可能性もある、と。


ガイドでたくさんお金を儲けたいと思う人には、あまり合わないサービスだと思う。散々提案して、結局無駄になるとしても、そういったコミュニケーションが楽しいという人には、おすすめ。もちろん、実際にガイドとして選ばれたら、そりゃ楽しいと思う。


そういうのも含めて、興味ある人はやってみると良いと思います。僕も、割とお金にならなくてもそういった面白そうなことは好きなので、登録仕掛けで放置してたのをもう一度見直して、ガイドにチャレンジしてみたいなと思います。


「Huber.の英会話レッスンに参加してみた」オリジナル記事ページへ

>> 日曜アーティストの工房の記事一覧へ

日曜アーティストの工房

日曜アーティストの工房

日曜アーティストの工房の記事一覧へ

渡米留学でアートを学んだ後、帰国後はWEB制作会社に勤務。現在は、外資系広告代理店でコミュニケーションデザインを担当しつつ、プライベートでは「日曜アーティスト」を名乗って気ままな創作活動を展開中。
ブログを通じて色々見たり体験したり、繋がりが増えるのが楽しくて、コツコツ書いてたらいつの間にかブロガーと呼んでもらえるようになりました。AMNパートナーブロガー。オーロラ王国カナダブロガー観光大使。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事