ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > 旅行記事一覧 > 【6日目】シャモニーへ、グラン・モンテスキー場へ!


【6日目】シャモニーへ、グラン・モンテスキー場へ!

 2月22日(木)

クールマイユールからシャモニーへ

 

この日も晴れ。本日は8:30のバスでフランス・シャモニーまで移動です。

前日の夕方にバス乗り場にあるSAVADバス営業所で、片道分の切符を15ユーロ(約2,000円)を購入。

 

時期よって時間が違いますが、シャモニーへのバスは一日6本くらいで多くはなく、

バスで移動の方は、具体的に時間を考えたほうが良いと思います。

 

 

スキーリゾートからスキーリゾートへの移動なのでスキーウェアで移動です。

みんな同じだから気にしないで良いです!

軽そうに見える荷物だけど、1つの中に二人分のスキー道具と衣類が入っているので、

1つ20kg以上びっくり

 

 

荷物をバスの下に綺麗に入れようとしたら、平日だからか

「この朝便は二人だけなので適当に入れればいいよ」って。

ナント大型バス貸切!! 

 

 

45分でシャモニーに到着。結構正確。

ホテルはパークホテルスイス&スパという観光局の前にある4ツ星ホテル。

 

メイン通りから数秒の位置ですが、バス停からは徒歩10分、荷物を引きずって歩いたあせる

電話したら、バスやタクシーに乗るほどでもないから、歩いていくのがベスト

と言われ歩いたけど、雪が道に積もっていたらきっと大変だなと思うんですよむかっ!

 

このシャモニーバス停は、

 

まるあかジュネーブ空港にいくバスも、

まるあかスキー場に行く無料バスも出ているので、

 

このバス停のそばに宿をとるのが正解。

現地の人はコンドミニアムに泊まっているようです。

 

 

とは言え、ホテルフロントは親切。

そして部屋は、山の宿だから小さいけど設備が整っていて、しかもベッドカバーが我が家のハムスターのようなグレーでふわふわなカバー。

ヤバイ、兄に預けてきたハムスターを思い出したドキドキ

 

クールマイユールでもシャモニーでも備え付けのテレビが韓国製サムソン。

世界的にサムソンの安さには逆らえない。

壊れやすくてもアフターフォローがお粗末でも買い換えても安いしというわけですな。

白人でもサムソンのリュックさえ持っている人がいる。

反日活動、クレクレ攻撃している韓国のことを知らない人がたくさんいるのだ。

 

 

バスタブもある、ここはトイレも、ウォークインクロゼットも個室。

クールマイユールのホテルは古きイタリアの雰囲気があったけど、ここは一気に近代化してる。

これはこれで嬉しいのだけど...ちょっと残念な気持ちも生まれたな。

 

 

ホテルに荷物を預けて、板を手にスキーバス乗り場に。

スキーパスを持っているとシャモニー内を走るスキーバスは無料。

どのスキー場にも10分程度、遠くても20分でいけます。

 

今日は一番人気のある、遠めのグラン・モンテスキー場に行くことにしました。

※短いほうが旦那さんのスキー板、私のはオニューのオガサカ。

 

 

運よく、座っていけました。

 

相性悪いグラン・モンテスキー場

 

シャモニーの中でグラン・モンテスキー場は一番広くて大きいって聞いてたけど、

想像より小さいね。

 

 

ゴンドラであがったら、みんなが撮影しているので行ってみた。

 

 

ちょっと覚えていないのだけど、このへん。

 

 

シャモニーのスキーヤーは、クールマイユールのスキーヤーと違うんですよ。

こちらは結構かっ飛ばしてくる!!

そしてコースもこちらのほうが難しい。

難しいというのは私の苦手なコブが多いんです。

 

道みたいに見えるのが正規コースのようで、

別にその他を滑っていもかまわないのだけど圧雪していなのでコブになっているの。

 

さらに日陰になるコースが多いため地面が見にくく、

目が悪い人は分かるだろうけど凸凹が分からず足を取られてしまう場面が出てくるというわけ。

 

 

最近、旦那さんも目が悪くなったので、やっと私が日陰だと地面が見えないのでスキーが怖いって言うのが理解でき始めたのだけど、それでもアヤツはオリンピックを目指していただけあり(気持ちだけだと思うけど...)地面が見えなくても足の裏の感覚で滑り降りれるそう。

 

!!!!がですよ。ほぼ平らな道で旦那さんが思いっきりすっころんだ。

スキー板両方外れた。

直径50cmくらいの雪の塊というか氷の塊に足をとられたんだそう。

 

日陰でそれが見えなかった。

地面に顔から突っ込んで眼から花火が出て+軽い突き指(帰国まで隠してたんですよ)

これが坂道で大きな岩でスピード出てたらと思うと、ぞっとするね。

 

フランスでのユーロが高く感じた時

 

イタリアもフランスも同じユーロだからって、あまり意識しなかったんですが、

一気に違う国なのだと感じたのは初めてランチを注文した時。

(あ、フランスではスキー板を揃えて置いていたので、地面に脱ぎっぱなしなのはクールマイユールだけなのかな。)

 

 

私のお皿は好きなものをよそって、測り売りするものと、スープ。

スープがまじかった...ウゲェ。なにこれ?

 

 

旦那さんのチキンの煮込み+ライス。ぐつぐつ煮込んでいて見た目は美味しそうだったのに...

フランス料理って有名だよね、美味しいはずだよね。

この味はスキー場だからだよね...ガッカリ

 

 

味が美味しかったら文句は言わないけれど、44.70ユーロ(約6,000円)とは...

ワインつけたけどほんの少しです。イタリアの1.5倍、しかもマズイ。ガビーンバタ!

 

この時にスキーを終えれば良かったな

 

実はランチの時間に、左股関節にナナナント、痛みが発生。

これは疲れたのだなと思ってさ、「下のカフェでお茶飲んで待っている」

と初めは話していたのだけど、「山頂に行って一本滑ってから待っている」と欲が出た私。

 

山頂3,275m。

足が痛いからか、山頂に行ったらもう歩くのがしんどい。

ゴンドラを降りたら、どうしても10m上に登って山頂にいくことができない。

旦那さんには行ってもらったけど、私は山頂に行かずベンチで待機。

 

ある人が大丈夫かと聞いてくれたけど、上に登れないだけで、滑れるので大丈夫と答えた。

けど、思い起こせばこれは、高山病を心配してくれたのかも....

 

山頂からこの下に歩いて降りて滑り出すんだけど、中級コースを少しきつめにしたくらいで降りられるコース。

 

 

がね、それがね、ね。だんだんコブになってきちゃって。

アイスバーンは平気だけどコブが嫌いで、イヤになってきて、

板をずらしながらコースをはずれて、真ん中のコースに移ろうと思ったの。このあたりね。

 

 

旦那さんが先に、そして私がと思ったら、低いけど、岩崖になっていて飛び降りできない。

旦那さんが迂回して降りろというけど、迂回しても私からは岩崖しか見えず。

 

結局元のコースのコブを滑っておりました。←降りれるジャン!!

旦那さんは崖をよじ登って来てくれたそうですが、なかなか見つからず...

30分くらいうろうろしてリフト乗り場でやっと合流。

 

まぁ結局コブを滑りすぎて股関節が痛みが出てしまったので、

即翌日のスキーはリタイア宣言したわ。

 

海外スキーは時間があるリタイア後と考えがちだけど、

この体験から来れるなら若いうちに行くがいい、と強く思ったです!!

 

シャモニーの街は華やか!

 

実はシャモニーの街ってこんなに華やかだとは想像してなかったんですよ。

まるで冬版オアフみたいでスキーを終えたらここでショッピングや食事をという雰囲気幸せ

 

 

ディナーは、La Caleche

ここも大人気で予約もない人もたくさん押し寄せる店。

私たちも予約がなかったんだけどたまたま席が空いていてすぐに着席できました。

日ごろの行いがいいせいだからよ。いひひっー笑

 

 

スタッフもフレンドリーでテキパキ!!

 

 

ハーフボトルのロゼワインでスタート!!

 

 

今日のお勧めの前菜。ほんの少しの野菜にパンケーキみたいな上に

やぎのチーズとトマトとなんかが乗ってるやつ。

美味しいけどヨーロッパって野菜出し惜しみしてるわよ。それとも山間だからはてなマーク

 

 

なんかの肉。忘れた、メニュー名。なんかの肉。

美味しくいただいたと思うが疲れが出てて思い出せないアンパンマン

思い出したら後で書きたしときます。

 

 

これでもかのパンは...

 

 

かわいい鍋置きに置かれたのは、

 

 

チーズフォンデュ。

ラクレットも人気なので、注文に迷うんですよね。

でもチーズフォンデュは美味しい、ワイン...少し苦味がある入ってて大人の味!!

チーズがなくなりそうになるくらいまで食べてたわドキドキ

 

こちらは93ユーロ(約12,600円)。こんなもんでしょ。

まぁ、スキー場のランチが高すぎたよね。

 

 

帰り道もぶらりんと歩く。

5泊したイタリアでイタリアジェラードを食べなかったのは何故か。それは時差ぼけのせい。

体内時計が戻った今、たった1泊のフランスでたべようひらめき電球

 

 

あー、北海道で食べたのに似てる笑

 

 

でもアイスの盛り付けは違いますねー。ババヘラのような横に広がったバラのようありがちなキラキラ

マロン(モンブラン)にしたドキドキ

 

 

そしてホテル戻り。この夜はやらなきゃならないことがありました。

それは、この後に立ち寄るドバイの弾丸観光。

 

シティツアー+砂漠ツアーを一日朝から入れて楽しもうって話だったんだけど、

ネット予約をイタリアでと考えてたら、ネットがつながりにくく出来なかったんです。

そしてシャモニーもつながり難いけど、やっとキチンと予約ができたビックリマーク


なのに...。翌朝に...。

  

 


にほんブログ村

 



「【6日目】シャモニーへ、グラン・モンテスキー場へ!」オリジナル記事ページへ

>> 元気ハツラツ!時たま曇のち雨の記事一覧へ

元気ハツラツ!時たま曇のち雨

元気ハツラツ!時たま曇のち雨

元気ハツラツ!時たま曇のち雨の記事一覧へ

Over50の私は若い頃から旅好き。Over30年の下手な横好きスキーヤー。Over30年のOL生活でもまれて政治経済好き。生まれ変わりは信じてるけど記憶はないと思うので今の人生を楽しんでいます♪
国内外旅行を気持的にはメインにしてます。その他イベントやモニター生活のゴチャまぜブログです。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事