ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > レシピ・ウチごはん記事一覧 > 紅菜苔(コウサイタイ)の混ぜご飯。


紅菜苔(コウサイタイ)の混ぜご飯。

こんにちは!
当ブログにお越し下さりありがとうございます♪
フードコーディネーター&国際中医薬膳師のゆりぽむです。



別館として2011年から続けていたお弁当ブログ(こちらです→★)をこのメインブログと合体させようなんて事を思ってお弁当ブログを停止したのが2014年の2月の事でした。


その後…こちらでお弁当写真をアップしながら管理していこうと思ったものの何だかんだと手付かずになり今に至り、写真だけは結構な枚数になっておりまして…(フェイスブックでは時折アップしていたのですが)
季節の食材や薬膳要素などもあるので、折角ですからぽつぽつこのブログにお弁当も載せていきたいなと、そんな風に思っております。




さ、そんな発掘弁当写真から、今の季節が旬のこちらのお弁当をば。




紅菜苔の混ぜご飯弁当です。





e0192461_13214613.jpg



紅菜苔の事や混ぜご飯の作り方は続きで紹介しておりますので、良かったらご覧下さいね。







ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m
レシピブログに参加中♪














紅菜苔(コウサイタイ)は、中国原産のアブラナの仲間で、和名は「紅菜花(ベニナバナ)」若い茎と葉トウ立ちした花芽を頂きます。
e0192461_13342514.jpg
↑この画像はショップサイトからお借り致しました。

癖もなくとても使いやすいお野菜です。
炒め物や茹でてお浸しや和え物など、普段使いしやすいお野菜です。
12月頃~3月頃までが旬なので、そろそろ終わりの時期ですが見かけたらぜひ手にとってみて下さいね。今回の混ぜご飯は、コウサイタイのお浸しを先に作っておく必要があるので、まずはそちらから。




*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


■紅菜苔(コウサイタイ)のお浸し

<材料>
紅菜苔:1束



(合わせ調味料)
辛子:適量
だし:適量
淡口醤油:少々
※合わせ調味料はお好みのめんつゆや出汁醤油などを使ってみて下さいね。
辛子はお好みで♪




1.紅菜苔はあらって、蕾・茎・葉に分け食べやすい大きさに切ったら、塩を入れた湯に茎・蕾・葉の順に入れてく茹でます。
2.冷水に取り粗熱を取ったら水気を絞り、合わせておいた調味料に浸してしばらく馴染ませます。


そのまま食べても、下記混ぜご飯に使っても♪




■紅菜苔(コウサイタイ)の混ぜご飯
<材料> 1人分
ご飯:お茶碗1杯分
紅菜苔のお浸し:適量
白胡麻:(好みで)適量


1.ご飯に紅菜苔のお浸し、胡麻を合わせて出来上がり。


ご飯はすし飯にしても美味しいですよ(^^)


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*





e0192461_13400923.jpg



先にお浸しを作るという方法で、他の葉野菜や特にこの季節は菜の花を使って作るのもお勧めですよ♪
お浸しを少し残しておいてリメイクご飯としてもぜひ作ってみて下さいね。








それではまた!




ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m
レシピブログに参加中♪




こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村




「紅菜苔(コウサイタイ)の混ぜご飯。」オリジナル記事ページへ

>> ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

家庭の食卓から健康を…をモットーに日々の料理を楽しんでおります。国際中医薬膳師の資格を取得し薬膳師として薬膳視点から献立作りやメニューのアドバイス、講座などを開催しております。
体に優しい酒肴作りからスタートしたブログで、現在は食材・だし・スパイスにこだわった、薬膳師の組み立てるおうち薬膳的なお料理達を紹介しています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事