ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > パパママ記事一覧 > 「20センチュリー・ウーマン」観ました


「20センチュリー・ウーマン」観ました

 

20センチュリー・ウーマン

あらすじ

1979年のカリフォルニア州サンタバーバラ、自由奔放なシングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、

15歳の息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に頭を悩ませていた。

そこで、ルームシェアしているパンクな写真家のアビー(グレタ・ガーウィグ)と、

近所に暮らすジェイミーの幼なじみジュリー(エル・ファニング)に相談する。

 

20センチュリー・ウーマン

 

どうして観たいと思ったんだかすら思い出せない映画。

 

 

続きはこちら
 
 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

 

 



「「20センチュリー・ウーマン」観ました」オリジナル記事ページへ

>> 夢のかたまりの記事一覧へ

夢のかたまり

夢のかたまり

夢のかたまりの記事一覧へ

国内・海外旅行が大好きです。行った先々で、一眼レフカメラで写真を撮っています。映画鑑賞も趣味で、年間100本以上を映画館で観ています。
旅行記、映画レビュー、コスメレビューなどを書いています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事