ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > レシピ・ウチごはん記事一覧 > 孤独の点心 ~ 薔薇餃子を作ってみました。


孤独の点心 ~ 薔薇餃子を作ってみました。

こんにちは!
当ブログにお越し下さりありがとうございます♪
フードコーディネーター&国際中医薬膳師のゆりぽむです。



ネパール料理の「ダルバート」をおうちで楽しんでいる私のお昼ご飯なのですが、夜は夜で、やはりスパイシーな酒肴をとなっておりまして、これもまたネパール(厳密にはチベット料理)のお料理を楽しんおり、なかでもネパールの餃子「モモ」は、この所毎日作っている様な気がします。


包み方はもちろん普通に餃子の様に包んで蒸すなり茹でるなりとなるのですが、食感を色々変えてみるべく包み方を色々楽しんでいるのですが、最近よくインスタグラムなどで見かける薔薇包みも作ってみました。写真は先週のものです。



久しぶりの


孤独の点心


でございます。






e0192461_14524739.jpg


続きでもう少し紹介していますので良かったらご覧下さいね。




ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m
レシピブログに参加中♪








普通に包めばこんな感じです。



e0192461_15002441.jpg

餃子1つを皮1枚で作ると言う図ですが、薔薇餃子は一般的に作られている内容は最低でも皮は3枚使う状況に。
3枚の皮で1つの餃子となりますと、


現在糖質オフな生活をしている私にとっては大打撃


1個の餃子を食べるのに3枚も皮を使う!?なんてこったい!
もうちょっと減らせないかしら…と、何とか皮2枚で作ることに(笑)


あと、皮は基本お手製にしたい派なのですが、今回はエッジの立った皮にしたかったので取りあえず市販のもので。


e0192461_15114013.jpg



そして出来上がった薔薇餃子ですが…。
うーん、私的には皮率が高いので出来上がりの餃子を頂くと、どうも


皮を食べてる感の方が高い


うーむ。


これは市販の皮を使ったデメリットといいますか、市販の皮だと皮の伸びがないので餡を詰める量に限界が来てしまいます。
餡たっぷりで薔薇にしたい…という事なら、やはりお手製の皮にした方が融通は利くのかもしれないなぁ…なんて事を思いながら、クルクルと薔薇を作っては蒸して食べていたのでした。


中の具は通常の餃子とはちょっと違って、スパイス類を加えてパクチーなども入ります。
食べる時は酢醤油ではなく、ピリ辛に仕上げたトマトソース(トマトチャトニ・トマトチャツネ)を添えて頂きます。




e0192461_15304390.jpg

左上のオレンジ色の物体がそのトマトチャトニなんですが、日中のダルバートを食べている際にも、ちょこんとお皿の上に乗せてアクセントとして頂いていました。
結構辛くしてありますが、お店だともっと辛い(笑)


e0192461_11061659.jpg
ダルバート右端にちょこんと載ってるのがトマトチャトニ





さしずめ、焼売に辛子を付けて食べる…そんなアクセント感覚なのかもしれません。


中の具の話や包み方はまた別記事で紹介しますね!




それではまた!












ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m
レシピブログに参加中♪




こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村







「孤独の点心 ~ 薔薇餃子を作ってみました。」オリジナル記事ページへ

>> ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

家庭の食卓から健康を…をモットーに日々の料理を楽しんでおります。国際中医薬膳師の資格を取得し薬膳師として薬膳視点から献立作りやメニューのアドバイス、講座などを開催しております。
体に優しい酒肴作りからスタートしたブログで、現在は食材・だし・スパイスにこだわった、薬膳師の組み立てるおうち薬膳的なお料理達を紹介しています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事