ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > レシピ・ウチごはん記事一覧 > 孤独の点心 ~ 皮から手作り!気巡り薬膳餃子。(薬膳解説付)


孤独の点心 ~ 皮から手作り!気巡り薬膳餃子。(薬膳解説付)

こんにちは!
当ブログにお越し下さりありがとうございます♪
フードコーディネーター&国際中医薬膳師のゆりぽむです。



昨年からのゆる~い糖質オフ生活がすっかり定着しており、なかなか「点心」を作る機会が無い状況なのですが、たまには普通の餃子も食べたいなぁなんて事も思うわけです。
1日100gちょっとの糖質でゆる~くやっているので、1日1食程度は普通にご飯や麺類を食べてもOK!って感じです。(とはいっても食べる量は少ないですが)
なので餃子の10個ぐらいなら大丈夫なので、久しぶりに小麦粉の皮での餃子を楽しみました♪






e0192461_11495811.jpg



私は餃子の具にセロリを使うのが好きなんですが、今回もセロリ入りの餃子を作っております。
薬膳では「気巡り食材」の1つでもあるので、気分をすっきりさせたい時にもお勧めの餃子かも…です。


続きで紹介しておりますので佳かったらご覧下さいね。






ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m
レシピブログに参加中♪










以前アップしていた餃子の皮とはまたちょっと配合を変えましたので、今回のも皮のレシピを備忘録として。



前回のはこちらからご覧頂けます。


■西紅柿鶏蛋餃子(トマトと卵の炒め物の餃子)





前回のは薄力粉で作りましたが、今回は強力粉とブレンドしております。




*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


■餃子の皮
<材料>
薄力粉:75g
強力粉:75g
ぬるま湯(50度ぐらい):70cc


1.薄力粉と強力粉を粉ふるいなどでふるい混ぜておきます。
2.1に湯を回しかけ菜箸で馴染ませ生地をまとめます。
3.手で捏ねて生地が滑らかになったら1時間程度寝かせます。
2.皮を延ばし、好みの具を包んで茹でて出来上がり。




e0192461_11495793.jpg



*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*





e0192461_11495801.jpg



今回は、豚肉に新玉ねぎ、刻んだセロリとセロリの葉を加え、プチトマトを刻んだものを加えています。
調味料は塩と胡椒(多め)醤油ちょろっと、鶏ガラスープの素少々を加えています。


e0192461_11495754.jpg


ちなみに小麦粉100gの糖質量は
薄力粉…73.4g強力粉…68.9g
です。今回合わせて150gの粉を使っていますが、この生地で1食あたり半分量(75g分)を使い、7個の餃子を焼きました。
で、残った皮の生地で翌日また餃子をと思ったのですが、皮を伸ばして包丁で切って麺にして、少量残っていた餃子の具に使ったセロリやその他野菜のみじん切りを炒めて自家製ラー油を合わせたものを乗せ、汁無し担々麺を作りました♪
e0192461_12254145.jpg

半分ほど食べた所で、スープを投入。
e0192461_12261058.jpg
汁麺も楽しむ2WAY方式です(^^)
e0192461_12260326.jpg

麺はもちもちした食感で美味でした♪






<薬膳ポイント~セロリ>


春と密接な関係にある「五臓」は「肝」です。
「肝」は、いわゆる肝臓という臓器そのものもありますが、感情(情志)を主る機能も含んでおり、ストレスの影響を一番受けやすいとされています。

この時期は環境の変化も激しく、肝への影響も高い時期になります。
イライラの他、めまいや目の充血、頭痛などといった体の上部への症状が出ていれば、肝の気が上昇している傾向にあるので、肝気を平常に回復させる作用のある食物(あさりや菜の花、セロリなど)を積極的に摂ることをお勧めします。


セロリには「平肝清熱」と言って肝の働きを改善し、体にこもった余分な熱を冷ます働きがあります。
セロリのあの独特の香り成分である精油には、神経を鎮める働きがあり頭痛やイライラの解消に効果を発揮します。

葉の部分もぜひ使ってみて下さいね♪




上手に旬食材を取り入れて、穏やかな日々を過ごしたいものですね。
それではまた!









ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m
レシピブログに参加中♪




こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村







~お知らせ~




■5月の講座ご案内


5月から月1回(水曜日)隔月で薬膳の講座を茨木の薬膳カフェ「巡りごはんいろは」さんで開催させて頂く事になりました。

「薬膳と暮らしの素敵な関係」と題しまして、季節の養生を中心に日々の暮らしの中の薬膳スタイルを皆さまにお届けします。第1回目は5月16日(水曜日)15:00~17:00 座学90分と試食&質疑応答タイム30分の計2時間です。梅雨対策・むくみ防止の薬膳をテーマに、日々の過ごし方や取り入れたい食材の選び方や調理の方法などをご紹介致します。試食には焼きたての薬膳パンと共に野菜を使った薬膳ジャムをお出しする予定です(^^)薬膳って最近聞く様になったけど何なんだろう?どんなモノなんだろう?難しいものなのかな?…興味はあるけど何から手をつけたらいいの?という方こそぜひ受講して頂きたい内容です♪背伸びしないおうちで出来る薬膳と寄り添う暮らし方、皆さんも覗いてみませんか?お申し込み・お問合せなど詳細は薬膳カフェ「巡りごはんいろは」さんの下記リンクより行えます。■お問合せ・お申し込みはこちらから当記事のコメント欄からのお問合せ、メールフォームからのお問合せもお受けしておりますので、よろしくお願いいたします。皆さまのご参加を楽しみにお待ちしております(^^)国際中医薬膳師 近藤眞冬







「孤独の点心 ~ 皮から手作り!気巡り薬膳餃子。(薬膳解説付)」オリジナル記事ページへ

>> ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

家庭の食卓から健康を…をモットーに日々の料理を楽しんでおります。国際中医薬膳師の資格を取得し薬膳師として薬膳視点から献立作りやメニューのアドバイス、講座などを開催しております。
体に優しい酒肴作りからスタートしたブログで、現在は食材・だし・スパイスにこだわった、薬膳師の組み立てるおうち薬膳的なお料理達を紹介しています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事