ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > 旅行記事一覧 > 偶然と成り行きで、MOOo Apartments(ムー アパートメンツ)のペントハウスに宿泊


偶然と成り行きで、MOOo Apartments(ムー アパートメンツ)のペントハウスに宿泊

c0060143_10443295.jpg
突然のアクシデント。だから旅は、面白い。


1905に建てられたアールヌーボー様式の建物を全面改装してつくられた、チェコのプラハ中心街にある高級アパートメント。入り口の大きな扉を開けて中へ進むと、レッドカーペットが敷かれた階段があり、そこを上るとコンシェルジュが迎えてくれる。その最上階にあるペントハウスを見せてもらったときは、その外観からうって変わったモダンで洗練された雰囲気に、もうため息と言うか、うなり声というか、本当に心から感動しました。しかも、もっとすごいことに、なんと急遽その部屋に僕らが泊まれることに!


チェコ政府観光局さんの案内で、1週間かけてチェコを旅する企画の3日目の夜。ちょっとした手違いで、連泊する予定のホテルが1泊しか取れてなかったことが判明。「さぁ、どうする?!」というピンチに、ホテルの人が提供してくれたのが、この高級アパートメントのペントハウスの部屋。広いリビングとキッチン。ベッドルームが3つあり、メゾネット式の上階にはゲスト用のソファーベッドも。バルコニーがあって、そこからプラハの街が一望できる。
c0060143_10445255.jpg
c0060143_10441407.jpg
c0060143_10445739.jpg
c0060143_10450291.jpg
c0060143_10444520.jpg

実は、この前日に宿泊したMOSAIC HOUSE(モザイク ハウス)と、こちらのMOOo Apartments(ムー アパートメンツ)は、運営が同じなのです。建物も、道を挟んだ向かい側にあります。「mooo」っていうのは、牛の鳴き声のことで、ホテル内には125個の「cow art (牛のアート)」があります。「都会の真ん中に、田舎のホスピタリティ」というのがテーマ。もともとは1905年に建てられた建物なのですが、2014年にアパートメントとしてリノベーションされ、スタイリッシュな居住空間を提供しています。アパートですが、短期滞在もできるので、普通に観光のために宿泊することもできます。
c0060143_10451934.jpg

この日の夜は、ビール工場でもらってきたそこでしか飲むことのできない無濾過のビールをみんなで飲み、最高の部屋で最高の夜を過ごしました。


旅行中の、こうしたハプニングは楽しい。









「偶然と成り行きで、MOOo Apartments(ムー アパートメンツ)のペントハウスに宿泊」オリジナル記事ページへ

>> 日曜アーティストの工房の記事一覧へ

日曜アーティストの工房

日曜アーティストの工房

日曜アーティストの工房の記事一覧へ

渡米留学でアートを学んだ後、帰国後はWEB制作会社に勤務。現在は、外資系広告代理店でコミュニケーションデザインを担当しつつ、プライベートでは「日曜アーティスト」を名乗って気ままな創作活動を展開中。
ブログを通じて色々見たり体験したり、繋がりが増えるのが楽しくて、コツコツ書いてたらいつの間にかブロガーと呼んでもらえるようになりました。AMNパートナーブロガー。オーロラ王国カナダブロガー観光大使。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事