ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > レシピ・ウチごはん記事一覧 > レタスの酢パプリカ炒めで爽やか朝食。


レタスの酢パプリカ炒めで爽やか朝食。

こんにちは!
スーパーに行くと、レタスや胡瓜、トマトといったお野菜のお値段が下がっており、気がついたら冷蔵庫の中がこの3つの野菜で埋まっている今日この頃です。


レタスを食べるタイミングって、私は朝食の時に食べる事が多いのですが、レタスの瑞々しさやシャキシャキ感は朝にこちらの体もシャキっとさせてくれる様な、そんな気がします。
そんなレタスは生でももちろん頂くのですが、体を冷やしてしまいがちなのでまだ肌寒さも感じられるこの季節は加熱してたっぷりいただいています。


ひとつ前の記事で紹介しております「酢パプリカ」が良い感じでドレッシングの役割をしてくれるので、この食べ方もお気に入りのひとつとなっています(^^)


e0192461_15025238.jpg



レタスの酢パプリカ炒めです。
良かったら続きをご覧下さいね。










ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m
レシピブログに参加中♪



酢パプリカは、スライスした玉ねぎと赤パプリカに酢を注ぐだけの簡単常備菜です。
詳しい作り方…といっても合わせるだけでが…下記に一つ前の記事をリンクしていますので、良かったらご覧下さい。





*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*■レタスの酢パプリカ炒め
<材料> 2人分
レタス:6枚
酢パプリカ:1/2カップ(好みで調整)
塩:少々
黒胡椒:少々
GABANパプリカパウダー:適量
オイル(米油やオリーブ油などお好みのオイル):適量


1.レタスは食べやすい大きさに切っておきます。(今回は短冊に切っています)
2.オイルで1のレタスを炒め、塩胡椒で味をととのえ、仕上げに酢パプリカを加えてザッとまぜる。
3.器に盛りGABANパプリカパウダーを上からかけて出来上がり。


強火でさっと炒めるのがポイントです♪





*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*



簡単すぎてご免なさい!って感じでですね。




醤油炒めやオイスターソース炒めなど、レタスの炒め物は色々あるのでローテーション状態で作るのですが、ドレッシングを最後に加えた酸味のある炒め物って結構好きなんです。
もちろんドレッシングでも良いですが、酢パプリカを作っておくと彩りに一役買ってくれるのも嬉しいです♪




<薬膳ポイント>
食物には体を温めてくれるものと体の熱を冷まましてくれるものがあります。(どちらでもない中間のものもあります)
レタスやトマトなどはの余分な熱を摂ってくれる食材ですが、冷え性の人が生で沢山食べるのはお勧めは出来ません。
ですが、加熱して食べる事によって緩和されますので、冷えが気になる方はスープや炒めものなど火を通して温かいものを摂り入れる事をお勧めします(^^)
特に、玉ねぎやパプリカなどは体を温めてくれる食材でもあるので組み合わせると良いですね。










【スパイス大使2017関連記事・レシピ】
■スパイス大使再び!よろしくお願いいたします!
■4月のスパイス紹介「彩り華やか かんたん朝ごはん」
(パプリカ、フレンチハーブミックス、シナモン等)

・トマトとパプリカの美肌薬膳スープ(スパイス大使2017_レシピ001)


・アレンジしやすく彩り鮮やか酢パプリカ(スパイス大使2017_レシピ002)










ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです♪m(_ _)m
レシピブログに参加中♪
こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村















スパイスブログ認定スパイス大使2017

「レタスの酢パプリカ炒めで爽やか朝食。」オリジナル記事ページへ

>> ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇

ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇の記事一覧へ

家庭の食卓から健康を…をモットーに日々の料理を楽しんでおります。国際中医薬膳師の資格を取得し薬膳師として薬膳視点から献立作りやメニューのアドバイス、講座などを開催しております。
体に優しい酒肴作りからスタートしたブログで、現在は食材・だし・スパイスにこだわった、薬膳師の組み立てるおうち薬膳的なお料理達を紹介しています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事