ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > 写真記事一覧 > コスプレイヤーさんを撮らせてもらったのが楽しかったので


コスプレイヤーさんを撮らせてもらったのが楽しかったので

c0060143_09261486.jpg
きちんとこうやってコスプレイヤーさん(レイヤーって略すみたい)と対峙して一対一で撮ったのは始めて。すっごいみんな整然としてて、礼儀正しいのな。


レイヤーさんの前に行列ができてて、長い行列のところとか「最後尾」の札が出てるんだけど、それを持ってるのはスタッフとかじゃなくて普通に写真を撮りたい人が並んだ時に受け渡して、どんどん後ろに渡してく感じ。割り込みとかもなく、きちんとみんな順番を待ってる。


びっくりするのは、カメラの機材ね。この距離でその望遠レンズ!?っていうどでかいレンズつけてる人いたり、そのフラッシュはいったいどうなってんの?みたいなごついやつとか。そもそもカメラがみんなすごいし。中には普通にでかいレフ板を左手で持ちながら右手でシャッターを切る人とか。まぁ、とにかくいろいろすごい。


僕もレイヤーさんを撮るのは初めての体験だったけど、久々にモデルさんと向き合っての撮影はすごく楽しかった。なんか、やたら緊張したせいでポーズの注文とか声掛けとかまったくできなかったけど、今度撮るときは少しコミュニケーションとりながら撮影できたら良いな。
c0060143_09273173.jpg


c0060143_09273421.jpg


c0060143_09273883.jpg


c0060143_09274293.jpg


c0060143_09274898.jpg



とにかく、撮られる方も、撮る方も、みんな本気。なんか、ゾクゾクするような感覚。面白いね。最近、ポートレイトとか撮りたいなーなんて思ってたら、意外なところで願いが叶った感じ。いやー、楽しかった。


レイヤーさんたちの集合写真的な撮影会では、みなさん自然な笑顔とかも出てて、そっちの写真とかも好き。なんか、ドキュメンタリー的な感じで準備やメイクみたいなところから撮ると、またもっと面白い写真が撮れそう。


貴重な良い体験でした。







「コスプレイヤーさんを撮らせてもらったのが楽しかったので」オリジナル記事ページへ

>> 日曜アーティストの工房の記事一覧へ

日曜アーティストの工房

日曜アーティストの工房

日曜アーティストの工房の記事一覧へ

渡米留学でアートを学んだ後、帰国後はWEB制作会社に勤務。現在は、外資系広告代理店でコミュニケーションデザインを担当しつつ、プライベートでは「日曜アーティスト」を名乗って気ままな創作活動を展開中。
ブログを通じて色々見たり体験したり、繋がりが増えるのが楽しくて、コツコツ書いてたらいつの間にかブロガーと呼んでもらえるようになりました。AMNパートナーブロガー。オーロラ王国カナダブロガー観光大使。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事