ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > PC・ガジェット記事一覧 > 2017年10月のWindows10向け更新プログラム「KB4041691(1607)」・「KB4041676(1703)」を適用するとPCが起動できない不具合がある?


2017年10月のWindows10向け更新プログラム「KB4041691(1607)」・「KB4041676(1703)」を適用するとPCが起動できない不具合がある?

2017年10月11日より配信が開始されたWindowsUpdateでWindows10搭載パソコンの一部で更新プログラム「KB4041691」・「KB4041676」を適用するとパソコンが起動できなくなる不具合が発生したようです。
対象となるパソコンは”WSUS”か”System Center Configuration Manage”経由で更新プログラムを適用したパソコンが対象になるようです。
原因としては”WSUS”か”System Center Configuration Manage”より配信された2017年10月の更新プログラムに「累積更新プログラム」と「差分更新プログラム」の二種類があり両方が適用されパソコンが起動できない不具合になったようです。
なお二種類の更新プログラムをインストールした状態でパソコンの再起動をすると起動しなくなるので二種類の更新プログラムをインストールしただけなら両方をアンインストールすれば不具合を回避する事も出来るようです。

二種類の更新プログラムが適用されている状態なのかチェックするには画面左下のWindowsマークから設定→更新とセキュリティ→WindowsUpdate→更新の履歴で確認出来ます。
通常のインターネット経由からWindowsUpdateを適用したパソコンは今回の不具合は対象外のようです。
自分のWindows10パソコンは普通に2017年10月のWindowsUpdateを適用し更新プログラム「KB4041676」のインストールは一つだけでした。
win10updatekb4041676

”WSUS”と”System Center Configuration Manage”で更新プログラムが二種類存在しる場合は「差分更新プログラム」を拒否してアクセス出来なくする処置が必要になるようです。

二種類の更新プログラムをインストールした状態でパソコンを再起動した場合はコマンドプロンプトからパッケージを削除して復旧させる必要があるようです。
続きを読む

「2017年10月のWindows10向け更新プログラム「KB4041691(1607)」・「KB4041676(1703)」を適用するとPCが起動できない不具合がある?」オリジナル記事ページへ

>> 何でも雑記板 (避難)の記事一覧へ

何でも雑記板 (避難)

何でも雑記板 (避難)

何でも雑記板 (避難)の記事一覧へ

何でも雑記板 (避難)の管理人です。
主にパソコン関連の情報を発信するブログとなっています。あとは気になった事を何でも書いています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事