ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > PC・ガジェット記事一覧 > Wi-Fiの暗号化「WPA2」の脆弱性対策は、Windowsは2017年10月のWindowsUpdateで対応済み、AppleやGoogleは近日中に対応予定


Wi-Fiの暗号化「WPA2」の脆弱性対策は、Windowsは2017年10月のWindowsUpdateで対応済み、AppleやGoogleは近日中に対応予定

Wi-Fi(無線LAN)を暗号化する「WPA2」に脆弱性が見つかった問題でWindowsは2017年10月のWindowsUpdateで対策を完了しているそうです。
AppleやGoogleなどは近日中にそれぞれの端末などのアップデートを予定しているそうです。
OSやWi-Fi(無線LAN)を受けるシステム側の対応は近日中に行われるようですが、送る側の無線LANルーターの対応はどうなっているんだろ?こちらもパッチを当てることで対策出来るらしいんだけど・・・。
近日中に何らかの発表があるかな?

NETGEARでは早くも問題を修正したファームウェアを公開したようです。
今回発見された「WPA2」の脆弱性はクライアントを対象に攻撃を行うものでルーターモード、アクセスポイントモードに影響はなく、ブリッジモードで運用していた場合影響を受ける可能性があるようです。
機器によってはルーターに接続すると問題が起こるかもしれないそうなので接続は対応されたファームウェアを適用してからの方が安心かも?
修正されたファームウェアが公開された無線LANルーターを使っている人は早めに更新をした方が良さそうです。

続きを読む

「Wi-Fiの暗号化「WPA2」の脆弱性対策は、Windowsは2017年10月のWindowsUpdateで対応済み、AppleやGoogleは近日中に対応予定」オリジナル記事ページへ

>> 何でも雑記板 (避難)の記事一覧へ

何でも雑記板 (避難)

何でも雑記板 (避難)

何でも雑記板 (避難)の記事一覧へ

何でも雑記板 (避難)の管理人です。
主にパソコン関連の情報を発信するブログとなっています。あとは気になった事を何でも書いています。

ページトップへ戻る

カテゴリ別新着記事